忍者ブログ
気になったことをときどきメモしていきます。
2017/06月
≪05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   07月≫
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

福田首相の誕生で、中曽根さんが「群馬県は首相の生産地になったね」とかおっしゃってましたが、山梨県ってすごいです。こんなことがあるそうです。

『「2地域居住」高速代を負担  
 
県外の人が山梨県内にも住居を構える「2地域居住」を促進し、人口減少に歯止めをかけようと、県は今月から移動の際にかかる高速道路料金などを負担する実験を始めた。中日本高速道路と協力して行う全国初の試みで、来年2月10日まで実験に参加する50人を先着で募集。参加者へのアンケート調査を6カ月間行って課題を探り、将来的に施策につなげる。

国土交通省は鉄道や航空機を使った「2地域居住」を検討しているが、県内観光客の8割がマイカーで訪れるため、県は車を使った実験を考案。参加者には3万円分のETC無料走行、5000円分のガソリン給油などを提供する。参加希望者は、県外の住民票と今年7月以降に県内で住宅を購入か賃貸借した契約書のコピーを提出する。問い合わせは、県観光振興課(電)055・223・1575。』 (産経新聞より)

これだと、たとえば山梨にもう一軒家がある人は、クルマを使えば高速代がタダになってしまうんですね。それってスゴイ!でもそれは、どんな人なのかなぁ。

たとえば学生で東京に住んでいて、実家が山梨にあってもダメですよね。今まで圏外に住んでいて、家族だけが山梨に移り住むというケースで7月以降に家や部屋を借りていればOKなのかな。あとは、山梨にセカンドハウスを持っている人?

誰が対象なのか考えていて、江戸時代の参勤交代を思い出してしまいました。家族が人質となって江戸に住まわせられ、何年かに一度江戸に勤めなければいかなかった地方の大名。山梨に「人質」の家や家族があれば、高速代がタダ?

もともとの山梨県民を大事にしたのではなく、外からの人を増やして山梨での消費を増やしてもらおうということなのかな。確かにセカンドハウスを持つのにはいい避暑地がたくさんありますよね。でも、そんな人たちを優遇するより他に税金使ってほしいところがあるんじゃないかなぁ、山梨の人たちには。いろいろ考えると、手放しで、いいことしてるね!って言えなくなってしまいました。。。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
pass
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]